ゆふどこ

湯布院行くならどこに行く?をテーマに大分県由布市湯布院町のグルメ、観光スポット、ニュースなどをお届けするローカル・タウン情報発信メディアです。

MENU     スポンサーリンク

地鶏蕎麦が400円?!鞠智 (くくち)のそばを食べてきた

f:id:asapona:20170617135714j:plain

鞠智 (くくち)とは

鞠智 (くくち)とは湯の坪街道にあるお店の名前です。

このお店なんですが、なんとカフェもあればお土産屋もあり、コロッケなどのテイクアウトも販売しているという湯布院の中でもひと際目立つ建物です。

 

最初に見た時はオシャレなお店ができてるなーと思ってただけだったんですが、金賞コロッケに負けないクオリティの牛肉コロッケをいつの間にか出していたり、お土産の品が増えていたりと訪れるたびに驚きを与えてくれます。

新商品を次々に出し商魂たくましいですね(笑)

 

さて、そんな鞠智 (くくち)なんですが今度は蕎麦を始めていました。元々あったようなんですが2017年に売り場を独立させて、以前は土日のみだったのが水曜定休以外毎日営業とのことです。

 

その蕎麦がなんと400円という湯布院ではびっくりなお値段で提供されています。

 

鞠智 (くくち)というお店を知らない人が見たらこの値段で美味しいのか?と疑問に思う人がいるでしょうし、食べに行ってきましたので参考にしてください!

 

外観、メニュー

f:id:asapona:20170617135447j:plain

まるで立ち食い蕎麦を思わせる素朴な作りです。

 1人で切り盛りされているようで注文して出来たら持っていくというセルフ形式となっています。

今回頼んだのは温かい蕎麦(400円)にネギ大盛(100円)!

f:id:asapona:20170617135632j:plain

 

f:id:asapona:20170617142749j:plain

スピードはさすがに早く2分も待たずにできました。

 

奥にログハウス風のイートインスペースがあり、そこでいただきます。

客層はカップル、外国人が多めな印象でした。

 f:id:asapona:20170617134752j:plain

蕎麦はお祭りに頼むような紙の器で提供されます。

 

いざ実食!!

 

あっさりとしてるけど出汁の旨みがたっぷりの優しい味わいです。 

 蕎麦はコシがありシコシコと何とも言えない食感が食欲を引き立たせます。

調味料として唐辛子と柚子ごしょうがあります。

唐辛子はこの優しい味わいにはあまり合わないかな。

柚子ごしょうのほうが地鶏の旨みに合います。

f:id:asapona:20170617142736j:plain

 

総評

量は少なめで本当にちょっと小腹が空いたから食べようぐらいでないと物足りなく感じます。

味が美味しいだけに紙の器の安っぽい感じと空調のないそこまで居心地のよくないイートインスペースがもったいないです。

 

それを補って400円という魅力的な値段なのは間違いありません。

湯の坪街道を歩くさいはどうぞ参考にしてください。

 

 

営業時間
【月~金】
10:00~17:00(L.O:16:30)

【土・日・祝】
10:00~17:30(L.O:17:00)
※夏季・冬季で変更することがあります。
ランチ営業、日曜営業