ゆふどこ

湯布院観光するならどこに行く?をテーマに湯布院のグルメ、観光スポット、ニュースなどをお届けするローカル・タウン情報発信メディアです。

「湯布院」と「由布院」どう違う?どっちが正しい?について全力で調べてみた

 

f:id:asapona:20170826140106j:plain

まず最初に「湯布院」と「由布院」どっちが正しいの?どう違うの?同じ場所なの?

という質問に対する答えを人に説明する用に簡潔にまとめておきます。

 

1933年、元々この辺りの地名は由布院村であった。

1948年、由布院町になった。

1955年、 由布院町と湯平(ゆのひら)村が合併して湯布院町となった。

2005年、湯布院町は挟間町、庄内町と合併し、由布市となり、湯布院町は由布市湯布院町と冠する形で残る。

 

つまり、同じ場所だけど名前が変わった結果混合されているというのが答えです。どっちが正しいなどはなくどっちも正しいです。

 

もう少し詳しく知りたい方向けに深堀りしていきます!

昔の呼び方で由布院が残っているが、湯布院が後から使われるようになり混合されています。例えば由布院駅は1950年に改称されたので、今も由布院駅が正式名称になっています。最近ではゆふいん駅とひらがな表記にしていますね。

 

混合を加速させている理由として、由布院温泉が正式であり湯布院温泉ではないのですが、「湯」のイメージが温泉地としてイメージしやすいと観光雑誌、各メディアに使われ湯布院温泉として全国に広がっています。

 

もちろん温泉を運営する会社も湯布院温泉のほうが名前が知られているのでこちらの名前を使いますよね。

 

そうした結果、湯布院温泉と由布院温泉が町の中にごっちゃになって観光客の方がなんで「湯布院」と「由布院」と呼び名があるんだろうと疑問に思うということです。

最近は「ゆふいん」と平仮名表記にするところも増え、「湯布院」と「由布院」と「ゆふいん」の3つ表記のしかたがありますね。

 

この由布院と湯布院どっちが正しいのという質問、離れた場所に住んでいる知り合いなどから本当によくされます。

そのたびに私はどっちでもいいよと答えています。住んでる人もあまり気にしないですからね。住所は基本的に湯布院表記なのでそこだけ気にします。

 

湯布院と由布院だったらどっちが有名?

例えばゆふいんサブレというお菓子を開発するとします。

その場合湯布院サブレ、由布院サブレどちらが人に馴染みやすいのかと言われれば、私なら湯布院の方をおすすめします。

 

 理由はグーグル検索で「湯布院 ○○」と「由布院 ○○」だったら「湯布院 ○○」

のほうで検索する方のほうが多いからですね。

もちろん確固たる理由があって由布院にするのであればそのほうがいいです。 

 

まとめ

以上、「湯布院」と「由布院」どう違う?どっちが正しい?について全力で調べてみたという記事でした。

湯布院旅行にグループで出かけて誰かが疑問に思った時、さらっと答えれたらかっこいいですよ。